« マリーアントワネット | トップページ | インサイド・マン »

パフューム

原作は10年くらい前に読んでいた。

レンタル屋でこのパッケージを見たとき、あの小説が映画化されたとはまったく気がつかなかった。というより、忘れた頃に映画化されたのだろうか。

原作を読んだときは、奇異さや澁澤龍彦ぽさを感じたわけでも期待した訳でもなく、五感のうちの香りをテーマにした小説とはどんなものなのか、興味を持ったに過ぎなかったと思う。

テーマは奇怪だが、おどろおどろしさがないイギリス映画のような見やすい映画である。ローラ役のレイチェル・ハード=ウッドは若い頃のイングリット・バーグマンにそっくりではないか。


|

« マリーアントワネット | トップページ | インサイド・マン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222799/16561542

この記事へのトラックバック一覧です: パフューム:

« マリーアントワネット | トップページ | インサイド・マン »