« ザ・ロック | トップページ | トランスフォーマー »

バベル

違和の連続。

モロッコの片田舎から始まるこの映画は、「違和の風景」ともいうべき、非日常性の連続によって構成されている。

登場する人物は、平凡な生活から一歩進んで違和感を持ちながら生きているか、何かの拍子で違和の中に落とし込まれるか、なのである。

まず、日米の夫婦と親子は、極めて高踏的で高等的で高度な悩み(違和)を解消しようとしている。彼らが与えた事物が、モロッコとメキシコの親子らを違和におとしめる。メキシコの家政婦に預けられた子供たちも、砂漠の中の違和(危機)の中におとしめられていく。

極めて高踏的で高等な理由により菊池凛子の母親は自殺したらしいし、夫婦の絆を深めるという高踏的理由によりブラッド・ピッドとケイト・ブランシェットはモロッコに旅に出る。高度で高踏的な理由により菊池凛子は裸にならなければならないらしいが、プリミティブなモロッコの兄弟はおもしろ半分で銃を撃つ。菊池凛子と米国の夫婦の子供に危害はないのだが、プリミティブなモロッコの兄弟の兄は警察に撃たれて死んでしまう。

「違和」の連続なので見ている我々は相当戸惑うし、その戸惑いと、ある程度予想できる結末が、見る者を釘付けにして離さない。

日常の中に潜む危機が一気に顕わになる、そんなふうな映画だともいえるだろう。

監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥはたぶん、寡作な作家なのだろうが、私としてはパトリシア・ルコントとともに、佳作を撮れる監督として記憶するつもりだ。

「パリ・テキサス」(ヴィム・ベンダース監督)のライ・クーダーのスライドギターを彷彿とさせるギターとズームアップの多用、肉体を投げ打つ寝ころぶシーンの多さ。

米国で育ち、映画学校を卒業しハリウッドで経験を積んだ監督には決して撮ることができない映画だ。そういう意味で貴重な映像作家であるし、同監督の作品をもっともっと観たいと思う。

|

« ザ・ロック | トップページ | トランスフォーマー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222799/17312745

この記事へのトラックバック一覧です: バベル:

« ザ・ロック | トップページ | トランスフォーマー »